ロゴ

引越しをスムーズに進めるために住所変更などの手続きも早めに完了

>特集>慌てず余裕を持った引越し!やるべきことは早めに済ませよう

慌てず余裕を持った引越し!やるべきことは早めに済ませよう

トラックと電卓

引越しまでに済ませておくこと

東京への引越しが決まった場合、引越し当日までに済ませておくことは荷造りと各種手続きです。例えば学校へ通う子がいるなら転校届の手続きが必要ですし、住所変更、ライフライン停止の手続き、福祉関係の手続きなども出てゆく前にしておく必要があります。特に役所関係の書類は役所に届け出ないといけないこともあり、その往復が手間となる場合があります。必要書類などは早めに入手して起き、スムーズに引っ越せるよう準備しておくことが重要です。

カップル

引っ越し当日の流れ

東京から引っ越しをする場合でも全国どこでも引っ越し当日の流れはだいたい似たようなものです。まずは旧居で引っ越しの荷物の運び出しをし、新居へ移動して、新居で荷物をおろして荷ほどきをする、という流れです。引越し料金はカードや後払いでなければ旧居で支払います。また旧居では搬出作業の立ち合いもしなければなりません。立ち合い作業はガスの開け閉めや大家さんとの立ち合いなどもありますので、気にしておきましょう。慣れ親しんだ旧居への後始末はしっかりと!

引越し業者と運送業者の違いとそれぞれのメリット

引越し業者の引越しとは

引越し業者とは引越しを専門とした業者を指します。引越しに特化したサービスや効率のいい作業工程、専用のトラックや段ボールなど、引越しをするためだけの会社ですので、そのノウハウは信頼できるものです。女性には女性の作業員をつけてくれたり、梱包サービスなどもうれしい仕様です。東京で引越す場合はおすすめです。

運送業者の引越しとは

東京でも大阪でも運送業者の引越しとは引越し業者とは違い、自社で運送手段をもっていて引越し作業も承っているようなケースを指します。引越し用のサービスを設けている企業もありますが、引越し業者より安く運びたい場合はこちらを利用する手もあります。