レディ

車種によって店舗での売却価格が異なる|バイクの評価ポイント

使える部分を再利用する

カー

事故車となった車でも、修理をすることでまだまだ走行することができる車は多数あります。事故は速度や状況によって車へのダメージが異なります。また、車によっては衝撃吸収を目的としてあえて潰れるような設計になっている車種もあります。単純にバンパーに傷が入ったり、割れてしまったりした場合は交換をするだけで元の状態に戻る上、フレームにダメージがいっていないのであれば事故車という扱いはされません。万が一、フレームが変形した場合でもある程度のダメージなら、フレーム修正機にかけることで直すことも可能です。しかし、その場合は他のパーツへのダメージも大きく修理費が高額になることもあります。
事故車という扱いになっていても、全ての車が使用できないというわけでありません。正面から、もしくは側面や後方からという場合はその他の部分へダメージがいっていることは少ないでしょう。そのため、事故車を買取してくれる業者は引き取った後に解体をしてそれぞれのパーツを販売していきます。事故車から取ったパーツでも、ダメージのいっていない部分のパーツは状態がいいことも多いので高値で販売されていることもあります。

事故車は車種が新しければ高値で買取をしてくれることもあります。それは新しい車種のパーツは販売している数が少ないため、需要が足りていないことが多いのです。フロント部分の事故であれば、バック時にポールなどにぶつけてしまうことの多いリアバンパーが売れ、リア部分からの事故であれば、特に事故の多いフロントパーツが販売数が足りないほどによく売れます。このように事故車でも利用価値がある部分は数多くあるのです。